結婚式に呼ばれたら?やらなくてはいけないことをすぐにチェック

2016年04月24日

結婚式に呼ばれても慌てないで対処を

結婚式に呼ばれたときには、多くの人がまず何をしなければいけなかったのかと思い出そうとして慌しくマナー本を見たりすることが多いです。招待状が届いたら、まずは出席可能かどうかスケジュールを確かめて返信をしましょう。仲がよかった人かそうではない人かでもかなり変わってきたりはしますが、どちらにするにせよ早く変身をするのがマナーです。欠席の時も心苦しいですが、引き伸ばして何度も連絡が入ったりしないように気をつけて下さいね。

参加する時に一番考えてしまうご祝儀

誰もが参加を決めた後に準備をしようと思うのはご祝儀ではないでしょうか。決まった金額があるわけではないのですが、関係性も考えながら適度な金額を包みます。水引は結び切りで、三万円以下やそれ以上で利用する袋も選びます。金額や下記か体外にもこの袋にもマナーがあるので注意しましょう。新札を用意して、きちんと筆ペンなどを用いて書き上げて下さいね。しっかりと書き終われば、自分でも結婚式に招待されたのだなと改めて実感が湧いてきますよ。

着用する服装にも気を使いましょう

お呼ばれした時に考えたいことで頭を悩ませるようその一つが拭くそうです。男性はそれほど悩まずに済むものの、女性だとなるべく華やかに場を盛り上げて欲しいという期待が暗にありますので、意外と大変です。花嫁の白に被らないようにしながら、当日着用する服装を決めましょう。ドレスだと意外に選ぶのが難しいこともあるので、そういう時には和装にした方が華やいで喜ばれたりもするので、工夫をして結婚式に参加する準備をして下さいね。

結婚式場を神奈川にすると、東京でするよりも金額を押さえることができます。おしゃれな物が揃っている街で人気があります。