絶対出たくない!?出来れば呼ばれたくない結婚式3選

2016年04月23日

明らかに人数調整な結婚式

あまり連絡のとっていなかった旧友からいきなり、結婚式の招待状が届いたこがある方は意外と多いかもしれません。新郎と新婦で来客数をある程度合わせないと格好がつかないということで、見栄を張って多めの来場客数を設定するときに発生してしまう問題ですよね。ほとんど連絡を取っていなかったような知人なら、不参加でいいのですが、しかし、中途半端な関係性のある人の結婚式だと、なかなか断りにくいもの。無理に参加しても、周りは知らない人だらけで、3万円を失うダメージしか残りませんね。

出費が痛すぎる海外結婚式

結婚式は一生に一度のものですから、日本国内ではなく海外の教会で結婚式をあげるカップルもかなり多いと思います。しかし、当の本人達は浮かれ気分で良いかもしれませんが、招待客の出費の辛さとくれば心情察するに余りあるところです。かなり親しい親友の結婚式ならば、心から祝福してあげたいと思いますが、しかし、友人や知人程度の仲なら、往復の旅費を考えたときに、相当な出費を覚悟してまで参加しにくいものです。旅行好きにはうれしい結婚式なのですが、いかんせん出費が大きすぎるのが欠点ですよね。

昔の交際相手の結婚式

これが意外と多い行きたくない結婚式かもしれません。そもそも、昔の相手に招待状を送る心境がいまいちわかりませんよね。現状の自分の幸せをアピールしたいとしか思えませんね。とにかくこの手の招待状は、簡単に断れるのが唯一の救いといえますが、しかし、断らずに参加する猛者もちらほらいるようです。旧友に会うのが目的で参加する方もいるようですが、新郎新婦にどんな挨拶をするのか気になるところ。また、交際関係があった周囲の知人が気を使う事は言うまでもありませんね。

予算を抑える結婚式なら親族のみで行うのがオススメです。親族のみですと30人程度になりますので80万~120万くらいで式が挙げれます。両家だけでの式になりますのでゆっくりとできお互いの仲も深まります。